momocharosanブログ

2018年10月

岡山市が路面電車岡山駅前乗れ入れの意見を募集しています。私の方でテンプレートを作りましたのでよかったら皆さんもご協力お願い致します。とても簡単なアンケートで氏名や住所も任意となっています。


路面電車の岡山駅前広場への乗り入れに伴う

駅前広場デザインについてのご意見記入様式

氏名(任意)

住所(任意)

連絡先(任意)

記入欄

【募集意見(1)】市交通政策課のホームページ等でお示ししている6つの岡山駅前広 場デザインについて、ご意見をお願いします。



【募集意見(2)】その他、駅前広場デザインについて、自由なご意見をお願いします。


【締 切】平成30年11月2日 17時15分まで 

koutsuuseisaku@city.okayama.lg.jpに送付して下さい。

リンク

http://www.city.okayama.jp/toshi/gairokoutsuu/gairokoutsuu_00228.html

ICOTNICOTの運営は求人情報から株式会社丸井グループの可能性が高いです。求人情報には「丸井WEBでのお買い物が社員割引に」と記載されています。

FullSizeRender
運営の形として
1.丸井本体が運営
2.エイムクリエイツが運営
の2パターンが予想されます。
1.丸井本体はOIOIとモディしか運営しておらずもし本体で運営するのであれば全国初です。可能性は低い。
2.テナント誘致を行っていたエイムクリエイツが運営する。エイムクリエイツは受託施設運営も行っていますが全て関東圏のみでこれも西日本初となります。可能性は高い。またエイムクリエイツ岡山支店を作るのか?関西支店管轄とするのかは不明
その他、エポスカードはほぼ確実に提携されるでしょう。
ICOTNICOTの求人情報にはまだ3階〜5階の情報が出ておらずキーテナントとして丸井が入居する可能性があります。私としては支店もない中四国で施設運営のみをする価値は薄い気がします。
商業施設としてはノウハウのある丸井グループが運営を行えばイベントやテナントも期待出来るでしょう。
今回の件で岡山駅前がより一層活性化し中四国での存在感が大きく高まるでしょう。
追記
本日少し面白いツイートを見つけました。ICOTNICOTの中にOIOIの文字が隠れています。OIOIのイメージ画像も出ていましたし偶然にしては面白い話だと思いました。可能性は低いですがOIOI新業態の可能性もあります。

松山市湊町3丁目C街区地区第1種市街地再開発事業の事業参加協定締結が発表されました。
事業主
代表企業 株式会社大京
野村不動産株式会社
三菱地所レジデンス株式会社
敷地面積
7000m2
建築面積
5300m2
建ぺい率
76%
延べ床
4万5370m2
容積率
471%
階層
地下1階〜地上20階
高さ
約60m(1階店舗5m、2階住居から3m予想)
施工期間
2021年度〜2023年度
所在地
愛媛県松山市湊町三丁目4番6他
概要
共同住宅 1万4380m2 184戸
公益施設 2540m2
店舗・サービス 4300m2
駐車場 588台
新聞記事
IMG_4964
IMG_4965

岡山市財政状況についての資料がありましたのでご紹介致します。
経常収支比率は政令指定都市でトップ、健全化判断比率も基準をクリアしていました。
岡山市の財政状況
全国財政ランキング

今回は中四国にある百貨店の現状を調査してみました。
中四国百貨店(2017年度)
年間売上額、売り場面積、1m2辺りの売り上げ
天満屋岡山(岡山本店、倉敷店、津山店含む)
455億円 59053m2 77.0万円/m2
いよてつ高島屋
336億円 39000m2 86.1万円/m2
高松三越
229億円 22474m2 101.8万円/m2
天満屋福山店
188億円 27325m2 68.8万円/m2
高島屋岡山店 
186億円 19493m2 95.4万円/m2
松山三越
136億円 20107m2 67.6万円/m2
そごう徳島
134.4億円 26730m2 50.2万円/m2
高知大丸
121.9億円 16038m2 76.0万円/m2
米子しんまち天満屋
56.2億円  18391m2 30.5万円/m2
鳥取大丸
54.9億円 13637m2 40.2万円/m2
米子高島屋
49.1億円 16407m2 29.9万円/m2
(2017年度売上高が公表されている店舗のみ)
ここで注目すべき点は1m2辺りの売り上げ額です。百貨店などは店舗毎に大きさが異なるので売上高だけでは評価出来ません。小売りの業績の目安となる指標が1m2辺りの売上高です。一般的に百貨店は1m2辺り100万円以上ないと厳しいとされています。この中で100万円を超えていたのは高松三越だけでした。さらに山陰地域においては50万円を下回っている百貨店が多く閉店の可能性もありそうです。

このページのトップヘ